【WordPress】画面にArchivesと出て本文が表示されない場合の解決法【Google】

 こんにちは! ミニぱくです!

 実はここ1週間【ミニぱく!】の記事がArchivesと出て本文が表示されない不具合が生じておりました…。

 Google先生で検索してみても、Archiveの仕方など、今回の症状とは違う結果ばかり。

 色々と試してみて無事に自己解決ができたので、同じ悩みの方の手助けになればいいなと思い記事を書くことにしました。

Archivesの画面

 スクリーンショットに撮っていたのですが、このような状況でした。

 本来なら本文が表示されるはずの部分がArchivesとなっておりますね。

 ちなみにWordPressの編集画面では文章はしっかり残っておりました。

Archivesになった原因は?

 結論から書きます。

 おそらくGoogleSearchConsole(グーグルサーチコンソール)で二重登録のような状況が発生してしまったのだと思います!

 二重登録を疑ったのは、SearchConsole上でミニぱく!(当サイト)のプロパティが2つ表示されており、1つは使えず、もう1つのみ使えるという状況でした。

 ちなみに同日、WordPressのプラグインであるGoogle XML Sitemapsの設定も行い、GoogleSearchConsoleにサイトマップを読み込ませました。

GoogleSearchConsoleの二重登録は何がまずいのか?

 おそらくですが、同じサイトが二重で登録されたことで偽物のサイト(パクリサイト)と認定されてしまったのではないかと思います…。

 GoogleSearchConsoleでURL検査を行ったところ、メインページは問題なさそうでしたが、各記事についてはno indexの状態ですと言われ、Google検索にも引っかからないようになっておりました。

 この記事読んでいる方ならわかると思いますが、絶望的な状況でしたね(泣)

Archivesの解決方法

 各記事がno indexという絶望的な状況になってしまっていたので、

ダメもとでパーマリンクを変えたところ、見事に復活しました!

 パーマリンクは各記事のURLの決め方を設定するところです。これを変更して各記事のURLが変わったので、偽物判定がなくなったのではないかと考察しております。

 no indexでgoogle検索にも表示されない状態だったので、変更しても影響はなかったはずです。

解決する前に色々試してみてダメだったこと

 私が使用しているテーマはCOCOONなのですが、

COCOON設定でno indexを設定がされていないかをチェックしても正常でした。

 また、プラグインが誤作動することもあるそうなので、すべて無効にする方法も試してみましたが改善しませんでした。

 もし偽物のサイトと判定されていたのてあれば、WordPress上は何も問題ないはずなので、色々試してもダメだったことは納得ですけどね…。

同じことを起こさないため対策

①しっかり調べた上で行動をする。

 当たり前なんですけどね…。

 実は私、もう1つブログをやっており、そちらでGoogleSearchConsoleの登録をしたことがあったため今回もできるだろうと楽観視をして痛い目にあいました。

 今後は1度の失敗ですべてを失わないよう、油断しないで作業することを心がけます!

②何か起きたとき用にバックアップファイルを作る

 今回のとは直結しませんが、少し編集や設定をいじると気づかないうちに戻せなくなる可能性があるため、今後はバックアップを取ることにしました。

 私はWordPressのプラグインで「All-in-One WP Migration」というものを使用することにしました。

 選んだ理由は、人気があることとバックアップ・インポート・エクスポートの3種類しかなく、細かな設定をしないで使えるところですね!!

最後に

 というわけで、今回は画面にArchivesと出て本文が表示されない場合の解決法を記事にしました。

 私のブログはまだまだ30数記事ですが、それでもすべての記事が表示されなくなるとかなり凹みました。

 WordPress、順調に進むと面白いのですが、油断しないで記事数を増やしていきたいですね!

 ではでは!!

 

コメント